宗円獅子舞 (ソウエンシシマイ)

map
各写真をクリックすると拡大して表示します。

詳細

住所 〒 321-2118
栃木県宇都宮市新里町

宇都宮市新里神郷講中の伝承している一人立三匹の風流系の獅子舞。1957(昭和32)年に市の無形文化財に指定されている。
この地に残る口碑伝承によると,前九年の役鎮定のため奥州に下った源頼義,義家父子に同行した藤原宗円(初代宇都宮城主)が,
この獅子舞を演じさせたことがはじめという。毎年2回、お盆(8月16日)、8月の最終日曜日、日枝神社境内及び薬師堂前で上演される。
演目には「平庭」「弓くぐり」「入れちがい」「雌獅子かくし」「神楽くずし」がある。

他の「祭り」の情報

 
芦沼の獅子舞
益子町芦沼に伝わる一人立て三匹の風流系の獅子舞で、大獅子・中獅子・雌獅子の三匹の獅子と笛吹き・棒使い・ザッツァコが登場す……
 
宇都宮の鳶木遣り
宇都宮鳶木遣り保存会の手で伝承されている木遣り節。 その昔日光東照宮造営の時、全国から集められた職人が冬季に避寒のため……
 
淡島さま
和歌山県和歌山市加太の淡島神社のご利益を唱えて回った人々を指す。 淡島神社は女性の病気や人形供養・針供養に霊験があると……

この近くのスポット

近隣情報が取得できません
2021年9月23日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
イベント情報
新着情報