強飯式 (ゴウハンシキ)

map
各写真をクリックすると拡大して表示します。

詳細

住所 栃木県日光市山内2300
照会先 日光山輪王寺
照会先電話番号 0288-54-0531
ホームページURL http://www.rinnoji.or.jp/
時間 第一座:11:00 第二座:14:00
各座約50分間 <毎年同日開催>
※本堂修復工事中のため、数年間は大護摩堂で執り行います。
料金 強飯式を参観する場合には、特別祈祷料3,000 円が必要となります。各座とも20分前まで申込を受付しております。

~責め口上に耐え、授かる福徳~
 強飯式は、全国でも日光山だけに古くから伝わる独特な儀式で、古く奈良時代、勝道上人の日光開山の時に遡ります。日光山は神仏習合の霊山として開かれ、山伏の山岳修行が盛んになり、行者たちが山中のご本尊に供えたお供物を持ち帰り、里の人々に分かち与えたことが始まりとされています。
 その後、日光三社権現(本地は千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音)から御供をいただく儀式へと発展し、江戸時代にほぼ現在の形になったといわれています。
 儀式全体は、「三天合行供(さんてんごうぎょうく)・採灯大護摩供(さいとうだいごまく)」「強飯頂戴の儀」「がらまき」のおおよそ3つの部分から成っています。
 まず、僧侶・山伏・頂戴人、約20名の行列が法螺貝の響き渡る中、大護摩堂に入堂します。お堂の全ての扉が閉じられ、照明も全て消され、明かりは壇上に灯された一本のロウソクのみとなります。やがて、堂奥から「三天合行供」の読経の声が立ち上り、壇上には「採灯大護摩供」の赤々した炎が上がり、堂内は神秘的な雰囲気で満たされます。
この秘法が終わると、堂内が明るくなり、頂戴人が壇上に並び、いよいよ「強飯頂戴の儀」が始まります。式は「御神酒(ごじんしゅ)」「祈願文」「強飯」「菜膳」「金甲」「供養」の順で進みます。中でも、山伏姿の強飯僧が裃姿の頂戴人に三升もの山盛り飯を差し出して「75杯、残さず食べろ」と責め立てる儀式は見ものです。飯を強いられ、飯を頭上に乗せられた滑稽な頂戴人の姿は、参観者の笑いを誘います。
 この儀式を無事済ませた頂戴人たちが、儀式で授かった福徳を「自分だけのものとせず、他の人にも分けてあげる」という仏教の教えにのっとり、一般参拝者へ向けて一斉にまく「がらまき」で総仕上げ、めでたく強飯式は結びとなります。
 強飯頂戴人は、江戸時代には、十万石以上の大名でなければ務めることができず、徳川将軍家の名代や全国の名だたる大名たちも「我が藩の名誉」として強飯頂戴人に名を連ねました。当時、日光山といえば天皇の皇子を「輪王寺の宮」として迎えた鎮護国家の道場として天下に知られ、大名といえども、おいそれとはこの儀式に参加できなかったからです。そうした伝統に従い、現代においても、頂戴人を十万石以上の大名の格式でお迎えしています。

他の「神社仏閣」の情報

  約97m 離れています
第29回日光山輪王寺薪能
~日光の地に人間国宝が舞う~  1,200 有余年の長い歴史と伝統に培われた世界遺産「日光の社寺」境内において、観世流……
  約97m 離れています
煤払い供養
長さ6メートルの笹ぼうきを手に、本尊の金箔を傷つけないように丁寧に煤を払います。……
  約100m 離れています
三仏堂
間口33.8m・奥行き21.2mの日光山第一の大伽藍であり、一重入母屋造り裳階付き銅瓦葺きの構造で、天台密教形式の全国で……

この近くのスポット

  約23m 離れています
紺紙金泥般若心経
縦26cm・全長77.3cm,奥書に「応永13年(1406)11月12日左兵衛督源朝臣満兼(花押)」とある。国の重要文化……
  約23m 離れています
銅磬
肩幅15.2cm・裾張16.9cm・身高6.6cm・縁厚0.9cmの鋳銅製小型の磬。国の重要文化財。 両肩は傾斜がゆる……
  約24m 離れています
高麗版一切経
合冊本としての高麗版一切経で、巻数は3138巻を含み、これらが合冊されて614冊を伝える。国の重要文化財。 もとは経蔵……
2017年5月30日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
イベント情報
新着情報