小平重吉 (コダイラジュウキチ)

map
各写真をクリックすると拡大して表示します。

詳細

住所

1886~1960(明治19~昭和35)年、本県最初の民選知事。1886(明治19)年、石橋町(現下野市)に生まれる。宇都宮農学校卒。明治大学予科中退。当初石橋町で肥料商を経営したが1942(大正13)年に関東自動車会社、日星石油を設立し実業界に入る。関東車体㈱(のち小平重工業)を設立。1927(昭和2)年、県議会議員当選。1936(昭和11)年まで3期を務める。その間石橋町長兼任。1937(昭和12)年に政友会より出馬、衆議院議員当選。1942(昭和17)年の翼賛選挙で落選。1947(昭和22)年地方自治法による第1回地方首長選で県知事当選。本県最初の民選知事となる。在任中は栃木県総合運動場の建設、五十里ダム、県営川治発電所、日光いろは坂、
粕足道路・鬼怒川大橋等の建設・宇都宮-日光間全舗装等、土木事業に力をいれた。

他の「栃木の人物」の情報

 
阿曽沼氏
藤姓足利氏有綱の四男四郎広綱を祖とする佐野氏族。下野国安蘇郡阿曽沼(現佐野市浅沼町)を領した。 広綱は本家の藤姓足利氏……
 
安生順四郎
1847~1928(弘化4~昭和3)年。初代~3代県会議長。栃木県の牧場開発の先駆者。 上都賀郡久野村(現鹿沼市)の名……
 
安藤輝三
1905~1936(明治38~昭和11)年。大日本帝国陸軍の軍人。2・26事件に関与した皇道派の一人。 岐阜県出身。宇……

この近くのスポット

近隣情報が取得できません
2021年9月20日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
イベント情報
新着情報