那須火山群 (ナスカザングン)

map
各写真をクリックすると拡大して表示します。

詳細

住所
照会先 宇都宮地方気象台

照会先電話番号 028-633-2766
ホームページURL http://www.jma-net.go.jp/utsunomiya/jishin.html

現在噴煙を上げている県内唯一の活火山。福島県との県境に南北方向に並んだ成層火山群で、中央の茶臼岳は溶岩円頂丘。茶臼岳の北西斜面に爆裂火口があり蒸気と火山ガスを盛んに噴出している。那須火山群は北から三本槍岳(1917m)・朝日岳(1896m)・茶臼岳(1915m)・南月山(1776m)・日の出平(1786m)・白笹山(1719m)・黒尾谷岳(1589m)とつらなって雄大な火山体を構成する。これらの火山群は関谷構造線にそって配列している。那須火山帯はこの那須火山以北で輝石安山岩が多く、高原火山以南では角閃石安山岩や石英安山岩がよく見られる。基盤は花こう閃緑岩、石英斑岩、石英閃緑岩、凝灰岩、石英安山岩質溶結凝灰岩などからなる。地形は北西部で大倉山、三倉山などの急峻な東北脊梁山脈にかこまれ、南部は広大な那須野が原扇状地が広がっている。火山活動は第四紀洪積世に始まったと考えられ、最初多量の火山角礫岩を噴出した。続いて断層活動を伴う関谷構造線にそって火山活動がくり返され、ほぼ南北方向に並ぶ火山群を形成した。有史以後の活動は全て茶臼岳のもので、1397年、1408~1410年、1846年、1881年、1953年、1960年、1963年。このうち応永年間(1408~1410)の活動は、山崩れや泥流のため死者180余人を出し、1881年(明治14)7月1日には激しい鳴動があり火山礫や火山灰を放出したため、那珂川の魚類が多量に死んで浮かんだ。この噴火で東に40㎞隔てた白河市にも降灰がみられた。昭和になってからの活動は爆裂火口内での小規模な爆発である。茶臼岳近辺の噴気孔の位置は次第に移動し、北東部では噴気が弱まり、南西部で増加している。無言の谷は応永年間(1408~1410)大穴は1876(明治9)年大噴は1881(明治14)年に噴出した。茶臼岳の頂上には直径100m、深さ30m程のすりばち状の火口があるが噴気はみられない。噴気孔の温度は最高520℃を記録している。火山活動の実態の究明と観光地としての安全対策の必要性から、1966(昭和41)年黒磯市(現那須塩原市)に宇都宮地方気象台那須火山観測所が設置された。

他の「山、高原」の情報

  約21m 離れています
那須岳
栃木県北部にある活火山。茶臼岳の別称。那須火山群の主峰をなし、那須岳(1915m) 、三本槍岳(1917m)、南月山(1……
  約458m 離れています
那須岳(茶臼岳)開山祭
~数量限定!参加者に金剛杖をプレゼント!~  那須連山の登山シーズン幕開けを告げる「那須岳(茶臼岳)開山祭」が、茶臼岳……
  約1.9 Km 離れています
朝日岳
県北端部を占める那須連山の一峰。標高1903m。 那須温泉側から登山する場合、左手が茶臼岳で右手が朝日岳になる。 山……

この近くのスポット

  約21m 離れています
那須岳
栃木県北部にある活火山。茶臼岳の別称。那須火山群の主峰をなし、那須岳(1915m) 、三本槍岳(1917m)、南月山(1……
  約458m 離れています
那須岳(茶臼岳)開山祭
~数量限定!参加者に金剛杖をプレゼント!~  那須連山の登山シーズン幕開けを告げる「那須岳(茶臼岳)開山祭」が、茶臼岳……
  約968m 離れています
峰の茶屋
那須岳の山中にある休憩用の茶屋。茶臼岳と朝日岳との中間の鞍部(標高1725m)に位置し、強風をさけるため北側が石で囲って……
2022年5月22日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
イベント情報
新着情報