チチタケ (チチタケ)

map
各写真をクリックすると拡大して表示します。

詳細

住所

ベニタケ科チチタケ属の食菌で、栃木県ではよくチタケと呼ばれている。県内全域に多量に発生するなじみ深いキノコで、夏のキノコの代表として知られている。コナラを主体とした雑木またはアカマツと雑木の混成林内の地上に群生または散生する。
7月中旬~10月上旬にかけて長期間にわたり発生するが、発生盛期は梅雨明けの7月下旬~8月上旬頃である。
かさの直径は約3~10cm。帯黄赤かっ色をしたキノコで子実体を傷つけると白色の乳液を分泌する。
味は弾力に乏しいが、だし汁にコクがでるのが特徴で、脂肪質の料理によく合う。チチタケ属のキノコは肉が堅く、もろいため茎は縦にさけない。

他の「ご当地グルメ・郷土料理」の情報

 
アユ
サケ目アユ科の一年魚。日本全土・台湾・朝鮮半島・中国の一部に広く分布する。 体内の酵素の働きによってスイカやウリに似た……
 
いもぐし
日光・那須地方で作られる郷土料理のひとつ。 サトイモを茹で、竹串に刺し囲炉裏などで炙る。表面が焼けた頃に柚子などの入っ……
 
耳うどん
佐野市仙波町に伝わる、耳の形をした麺料理。 すいとんのような「耳うどん」の入った雑煮のような料理である。 耳うどんの……

この近くのスポット

近隣情報が取得できません
2017年5月27日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
イベント情報
新着情報