アユ (アユ)

map
各写真をクリックすると拡大して表示します。

詳細

住所

サケ目アユ科の一年魚。日本全土・台湾・朝鮮半島・中国の一部に広く分布する。
体内の酵素の働きによってスイカやウリに似た芳香を発するため、香魚とも呼ばれる。
稚魚の時には海で生活しプランクトンや小型水生昆虫などを捕食するが、成魚になると川に遡上し水中の岩についたランソウ・ケイソウ類を食べるようになる。
成魚は1m四方程度の縄張りを形成し、この縄張りに入ってきたほかの固体に対して攻撃を加える。
この習性を利用した友釣りが全国的に行われている。

栃木県では那珂川・鬼怒川・思川などで観察される。遡上量は那珂川が最も多い。
また琵琶湖で養殖されたアユを年間300万尾以上放流している。
那珂川・鬼怒川においては観光やなの設置が非常に盛んで、やなに入ってアユを捕まえたり、やなを見ながら取れたばかりの新鮮なアユや川魚料理を楽しめる。

他の「体験施設」の情報

 
小砂焼
馬頭町小砂(現那珂川町小砂)にて焼かれる陶器で、金結晶と呼ばれる金色の地肌が特徴である。小砂の里は明治維新まで水戸藩領で……
 
益子焼
笠間の箱田焼で技法を学んだ大塚啓三郎が1853年(嘉永6)始め、当時黒羽藩の郡奉行三田弥乎が六軒の業者に資金貸付を行い藩……
 
間々田紐
組紐の一種で、組紐は奈良時代に中国から伝来し、平安時代に日本的なものに完成したものである。間々田紐は江戸系の組紐に小山市……

この近くのスポット

近隣情報が取得できません
2017年10月17日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
イベント情報
新着情報