益子焼 (マシコヤキ)

map
各写真をクリックすると拡大して表示します。

詳細

住所 栃木県芳賀郡益子町

芳賀郡益子町を産地とする陶器。
江戸時代末期に茨城県笠間から移住した大塚啓三郎が、根古屋に窯を気付き日用の雑器を制作したことに始まる。
当初は水がめや壺などの日用品が多く制作されていたが、濱田庄司により民藝運動の一環として茶器・花器などの民芸品が作られるようになっていった。
1979年には通商産業省(現・経済産業)により伝統的工芸品に指定された。
石材粉などを釉薬として使い、ぽってりとした厚い器が主だが、近年では若手作家らによる新しい益子焼の動きも見られる。
現在窯元は300以上、陶器店は50以上に上り、陶器市の際には多くの観光客が益子を訪れる。

他の「体験施設」の情報

 
アユ
サケ目アユ科の一年魚。日本全土・台湾・朝鮮半島・中国の一部に広く分布する。 体内の酵素の働きによってスイカやウリに似た……
 
小砂焼
馬頭町小砂(現那珂川町小砂)にて焼かれる陶器で、金結晶と呼ばれる金色の地肌が特徴である。小砂の里は明治維新まで水戸藩領で……
 
益子焼
笠間の箱田焼で技法を学んだ大塚啓三郎が1853年(嘉永6)始め、当時黒羽藩の郡奉行三田弥乎が六軒の業者に資金貸付を行い藩……

この近くのスポット

近隣情報が取得できません
2022年5月22日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
イベント情報
新着情報