市貝町 (イチカイマチ)

map
各写真をクリックすると拡大して表示します。

詳細

住所 栃木県芳賀郡市貝町

芳賀郡。栃木県の南東部、八溝山地の南西にある町。
面積165.44平方km、人口12,479人(2010(平成22)年8月31日現在)。
西南部は平坦な水田地帯、北部は丘陵に囲まれ畑と水田が点在している。
町の中央部を小貝川が流れ、茨城県で五行川を合わせ、利根川に注ぐ。
町の往古の記録がなく明らかではないが、数多くの縄文遺跡や町内に点在する遺跡が原始・古代における本町の隆盛を今に伝え、中世においては各所の城跡・館跡から武士団の形成と活動が語り継がれている。
現在の市貝町は1954(昭和29)年に旧市羽村と旧小貝村が合併し出来た市貝村が元で、1972(昭和47)に町制に移行した。
北部に那珂川県立自然公園があり、琴平遊歩道・多田羅沼の憩いの森・伊許山・御嶽山の遊歩道が整備されている。またSLもおかが市塙駅・多田羅駅に停車する。

他の「栃木の歴史」の情報

 
阿久津村事件
1932(昭和7)年に塩谷郡阿久津村(現高根沢町)で起こった小作料減免をめぐる争議。小作争議史上有数の刑事事件となった。……
 
阿曽沼氏
藤姓足利氏有綱の四男四郎広綱を祖とする佐野氏族。下野国安蘇郡阿曽沼(現佐野市浅沼町)を領した。 広綱は本家の藤姓足利氏……
 
駅弁
1885(明治18)年7月16日、日本鉄道宇都宮駅が開業したが、その日に宇都宮駅で日本初の駅弁が売り出された。 日本初……

この近くのスポット

近隣情報が取得できません
2021年12月8日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
イベント情報
新着情報