松本彦七郎 (マツモトヒコシチロウ)

map
各写真をクリックすると拡大して表示します。

詳細

住所 栃木県小山市

1887~1975年(明治20~昭和50)地質学古生物学者、小山市出身。旧制栃木中学卒業、1908年東大に入学、動物学専攻。卒業後1919~1936年東北大教授、戦後福島県立医科大教授。
日本の脊椎動物古生物学研究の開拓者。中国大陸四川省・河南省の哺乳類化石を報告し、中国大陸の脊椎動物古生物学の研究への参加から、それらとの比較において日本の脊椎動物化石相の研究、ことに鹿化石の研究を開拓した。さらに東アジアにおける日本の脊椎動物化石相の位置づけという課題について、象化石を対象にそれらの分類・総括をなした。その他、第三紀哺乳類化石の研究がある。
1966年(昭和41年)11月、勲三等旭日章授与。1975年(昭和50年)9月1日逝去。享年89。

他の「栃木の人物」の情報

 
阿曽沼氏
藤姓足利氏有綱の四男四郎広綱を祖とする佐野氏族。下野国安蘇郡阿曽沼(現佐野市浅沼町)を領した。 広綱は本家の藤姓足利氏……
 
安生順四郎
1847~1928(弘化4~昭和3)年。初代~3代県会議長。栃木県の牧場開発の先駆者。 上都賀郡久野村(現鹿沼市)の名……
 
安藤輝三
1905~1936(明治38~昭和11)年。大日本帝国陸軍の軍人。2・26事件に関与した皇道派の一人。 岐阜県出身。宇……

この近くのスポット

近隣情報が取得できません
2021年12月8日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
イベント情報
新着情報