板碑 (イタビ)

map
各写真をクリックすると拡大して表示します。

詳細

住所

石碑の一種。関東地方においては秩父産の緑泥片岩を加工して作られることが多いため、青石塔婆の名がある。
板状に加工した石材に梵字や被供養者名、供養年月日、供養内容を刻んだもの。
造立の目的は死者の供養・追善などで、結集・講中といって多くの人々の浄財によって建てられる場合もあった。
栃木県における緑泥片岩製の板碑のうち最大のものは、足利市小俣町別府氏管理の1275(文永12)年3月銘の弥陀三尊式のもので高さ約2m。
最小のものは足利市小俣町鶏足寺の1326(正中3)年4月18日銘の釈迦一尊式のもので高さ約33cmである。
最古のものは矢板市後岡の明本寺境内に安置されている1244(寛元2)年11月銘の弥陀一尊式で高さ約60cmのもので、このほかさくら市には河原石製の自然石塔婆があり注目されている。

他の「各種施設」の情報

 
刑部人
1906~1978(明治39~昭和53)年。画家。下都賀郡家中村大字家中(現栃木市)に生まれる。 府立一中(現日比谷高……
 
大川戸鉱泉
益子町の南部、雨巻山のふもとにある鉱泉。益子駅から約9kmの距離にある。 カリウム・ナトリウムを含む鉱泉で外傷・神経痛……
 
大谷岩陰遺跡
宇都宮市大谷町。天開山大谷寺境内にある縄文・弥生時代の遺跡。 1965(昭和40)年に発掘調査が行われ、縄文時代草創期……

この近くのスポット

近隣情報が取得できません
2021年10月16日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
イベント情報
新着情報